「車のサブスク」 把握しておくべきデメリット!徹底解説!車のサブスクに向いている人は?

車に関わるお金
スポンサーリンク

最近なにかと話題のサブスク。

映画や音楽のサブスクは当たり前で、今や服のサブスクや食材を自宅に宅配してくれるサブスクなど

どんなジャンルでも浸透してきたように感じます。

そんな時代の中、車のサブスクのデメリットについてご紹介します!

私自身、車が好きで車を所有しているからこそわかる、車のサブスクについてデメリットを中心にお伝えしていきます!

この記事を読むメリット!

・車のサブスクのデメリットが分かる

・自分が車のサブスクに向いているか、向いていないかが分かる

・車のサブスクについての不安が解消できる

・お得に車を利用できる

・車のサブスクの中身が分かる

「車のサブスク」デメリット

車のサブスクは利用者も増えてきて、購入するよりはお手軽でいいことばかりかと思いますが

実はデメリットもたくさんあります。

車のサブスクを考えている方は、デメリットも把握、注意しておかないと

「いざ契約したはいいが、こんなマイナス面もあるのか!」「こんなことならやめておけば良かった」

後悔しないためにも、デメリットを見逃さないようにしましょう。

車のサブスクを利用する時には、このようなデメリットが考えられます。

デメリット① 自由に車をカスタマイズできない

デメリット② 途中で解約できない

デメリット③ 契約のプランが分かりづらい

デメリット④ プランごとの走行距離制限がある

デメリット⑤ 最終的に車は自分のものにならない

デメリット⑥ 審査がある

それぞれ詳しくお伝えします。

デメリット① 自由に車をカスタマイズできない

まず、車のサブスクのデメリットとしては、自由に車をカスタマイズできません。

しかし!

基本的に車のサブスクの考え方としては、借りた時の状態で返却するのが前提になります。

ということは、、、

自分好みにカスタムしても、元に戻すことができればOKということになります!

具体的に言うと、原状復帰が難しいレベルのカスタムはできないということです。

もちろん、違法改造や車にキズを付けたり穴を開けるようなカスタムはできません!

サブスク会社のホームページを見ても、ある程度のカスタムは許容範囲になっているようです。

もし心配される方は、各社のホームページを確かめてみる方が無難かと思います。

いくらサブスクの車とはいえ自分が乗る車なので、自分が好きなようにカスタムできるのはうれしいポイントではないでしょうか?

サブスクの車は一切カスタム出来ないと思われている方が多いと思うので、意外な点かもしれません。

最近は、はじめからスポーツ仕様にカスタムされた車もサブスクで借りれるようになりました。

TOYOTAのGR仕様の車種もサブスクで借りれるので、スポーツ仕様の車に手軽に乗ってみたい方にはおすすめです!

また、匂いが残ってしまい車の価値を大幅に下落させるという理由から、「車内での喫煙」は不可の場合がほとんどです。

「ペットの同乗」に関しては、サブスク会社によって異なるのでご注意ください。

デメリット② 途中で解約できない

車のサブスクでは基本的に契約の途中で解約はできないことが多いです。

例えば、「生活スタイルが変わってしまい車がいらなくなった」「転勤などの場所の都合上、車が不要になった」などの理由から、

いざサブスクを解約したいと思った時に、解約できない困りますよね?

そもそも、なぜ車のサブスク、リース契約では途中解約が難しいといわれるのかご存知でしょうか?

車のサブスクの構造上、サブスク会社が利用者の代わりに新車を購入して、利用者が月々の利用料を支払うことで、成り立つビジネスモデルです。

その利用料は、車両価格を月額で割った額に税金や保険料を加えて算出されます。

そのため、利用料金が残価設定や月額で割った額で設定されているので

途中で解約することはできないとされています。

ただ、サブスクの種類によっては初めから中途解約できる(解約金無料)のプランが設定されているサブスクもあります!

「KINTO」の解約金フリープランであれば、解約金が必要なくいつでも中途解約できるというプランです。

このプランであれば、突然車を使わなくなる場合や、利用期間が短くなるかもしれない場合でも、安心して車に乗ることができます。

初回の契約期間は3年のみになるので、3年経過した後もその車に乗り続けることや、ほかの車に乗り換えることも可能です。

KINTOの解約金フリープランで注意するポイント

・申込金(初期費用)がかかる

・契約満了時点では、もう1つのプランの初期費用フリープランより支払総額が高くなる

これらを踏まえて、

KINTOの解約金フリープランが向いている方

・3年以内にライフスタイルが変化する可能性のある方

・短い期間で車を使いたい方

上記の方は「KINTO」の解約金フリープランがおすすめです。

デメリット③ 契約のプランが分かりづらい

デメリット②でも少し触れましたが、車のサブスクには契約のプランが何種類もあり

「どのプランにしたらお得なのか」「どんなプランが自分に合っているのか」がわからないという声をよく聞きます。

確かに車のサブスクの種類によっては、車種を選び、そこから様々なコースやプランを選択して、オプションなどを決めて~などなど

分かりづらいサブスク会社が多い!

数あるサブスク会社の中で、最も契約プランがシンプルで分かりやすいのは、間違いなく「KINTO」です。

実際に、色々なメーカーの車に乗りたいという理由から、車のサブスクを4社利用したことがある友人も、「KINTOは契約までの流れ、プランが分かりやすくて簡単だった」安心して利用していました。

「KINTO」で用意されている契約プランは

・初期費用フリープラン

・解約金フリープラン

2種類で選びやすいプラン体系になっています。

契約プランが分かりやすくて、簡単に車のサブスクを利用したいという方は「KINTO」がおすすめです。

安心のトヨタ車で車種のバリエーションも豊富なので、選択肢は広く自分に合った車種を選べます。

デメリット④ プランごとの走行距離制限がある

車のサブスクは、1度契約すれば無限に走行していいというわけではありません。

基本的に走行距離の制限があります。

走行距離が制限されている理由は、「車の価値を担保するため」です。

車のサブスクの利用料金は残価(契約満了時の車の価値、下取り価格)を考えて算出されています。

車は年数、走行距離に応じて劣化していくもの。

走行距離の制限をすることで、契約満了時の車の価値を守ることができるということです。

この点だけ聞くと、「車のサブスクは利用しづらい」「いちいち距離を考えて車に乗ってられない」と思われるのは当然のこと。

ですが、

「月1,000㎞~1,500㎞」

「年間10,000㎞」

くらいの走行距離制限を目安としているサブスク会社が多いです。

目的別の走行距離の目安

・近所に買い物に行く、近場で移動する場合 

「月150㎞~300㎞」

「年間3,600㎞」

・通勤、通学に使う場合        

「月500㎞~700㎞」

「年間8,400㎞」

・通勤、通学、週末に長距離移動する場合

「月800㎞~1,000㎞」

「年間12,000㎞」

なので、毎日通勤や通学で車に乗り、週末にも頻繁に長距離でドライブにお出かけする場合であれば

走行距離の制限を気にする必要が出てくると思います。

一般的には年間の走行距離は

「年間10,000㎞」とされていますので、距離制限を気にせず利用できるケースがほとんどです。

仮に、距離制限をオーバーしたとしても1㎞で約10円ほどの超過料金を払えば、問題なく安心して利用することができます。

デメリット⑤ 最終的に車は自分のものにならない

サブスク会社やプランにもよりますが、基本的に契約満了後の車は返却するケースが多いです。

車のサブスクを利用して、その車に愛着がわいて手放したくない!

となる可能性がある方は、サブスクを始めるときにしっかりプランを確認してから利用するのが良いかと思います。

契約満了後の選択肢

・車を返却する

・再契約をしてそのまま乗り続ける

・車を返却して新しいサブスクの契約を結ぶ

車のサブスクの最大のメリットの1つとして、新しい車にお得な料金で乗り続けられること

車を購入してしまうと、次から次に新車に乗り換えることは簡単にはできません。

それに、車を手放すときの手間(中古車業者に売却、廃車にする、ディーラーに下取りに出す)もかかってしまいます。

車の保険についても、廃車や車を売る場合は、これからどうするかを考えなければなりません。

どこが高く買ってくれる、車の保険の解約するといったことを考えるのは、時間も労力も結構かかってしまします。

その点、車のサブスクであれば契約満了後はリース会社に返却するだけなので

手間や時間を費やすことは一切ありません。

手間をかけることなく、お手軽に車を使いたい人には車のサブスクはベストな選択肢!

なので、契約満了後もまだ車を使いたいと思われる方は、

契約を延長するか、新しい車で引き続きサブスクを利用する流れになります。

デメリット⑥ 審査がある

車のサブスクを利用するためには、審査に通る必要があります。

音楽や映画の一般的なサブスクとは大きく異なり、審査に合格しなければ利用することはできません。

いくらお手軽に始められるとはいえ、全員がすぐに車を利用できる訳ではありません。

とはいえ、審査基準は明確になっていません。

一般的に審査で確認されるチェックポイント

・年収

・職業

・勤続年数

・過去の債務超過などの有無

このあたりは間違いなくチェックされるポイントです。

サブスク会社としても、車を貸す契約をして月額の使用料を払えるかどうかの確認をする必要があります。

「車のサブスクを利用したいのに、審査に落ちて車が使えない、、」ということもよくある話です。

そんな中でも、比較的審査に通りやすいサブスク会社は「KINTO」

理由は、KINTOの審査保証会社はトヨタファイナンスという会社だからです。

そもそもKINTOは、トヨタファイナンスの子会社にあたります。同じグループで審査をしているということ。

自社で審査基準を決められる点から

他社に審査を依頼するより通りやすくなるという仕組みです。

もし、「審査に落ちたらどうしよう」、「何度も審査の申請をする手続きがめんどくさい」と思われる方は

「KINTO」で申し込むと、そういった不安や手間はなくなるのでおすすめです!

「サブスク」「リース」の違い

車のサブスクとカーリースとの違いを把握されているでしょうか?

車のサブスクを利用しようと考えている方は、サブスクの中身を理解しておく必要があります。

そうでなければ、車のサブスクのメリット、デメリット、自分が向いているのかどうかなどの判断ができません。

一般的にサブスクとは、月額の使用料を毎月支払うことで商品を利用、サービスを受けることができます。

なので、考え方としては基本的にカーリースと同じ考え方ですが、取り扱い車種や契約期間が異なってきます。

具体的にサブスクの場合、取り扱い車種は各メーカーの車種になります。

KINTOのような車のサブスクであればトヨタ系(レクサスなども)

カーリースはリース会社によるので取り扱い車種は一概には決まっていません。

今では、bZ4Xというリース契約限定の車も出てきてるほど、「車を買う→車を借りる」という使い方が話題になっています。

契約期間は、サブスクの場合3年~5年が一般的です。

これに対してリースの場合は会社やプランにもよりますが、5年~10年と長い期間での契約となることが多いです。

法人での契約であれば、長期期間の契約の方が短期間より大幅に割安になるケースがほとんどです。

イメージとしてはサブスクの方が個人向けのプランが多く、契約もしやすくなっていると感じます。

車のサブスクに向いている人

よくあるシチュエーション

普段はレンタカーを借りているが、毎回手続きするのがめんどう、空いている車がなく探さないといけないことも、、

車の車種にこだわりはなく、ただ移動手段として車に乗りたいが購入するほど、初期費用をかけたくない

・運転者が高齢になり車を買っても何年運転できるかわからないため、車を乗り換えるのをためらっている

などなど、こういったシチュエーションは生活スタイルが変わるタイミングで多いはずです。

これらを踏まえて

車のサブスクに向いている方

・期間限定で車に乗りたい

・車を気軽に使いたい

・初期費用を抑えたい

・定期的に新車に乗りたい

・車のメンテナンス、整備などの出費を抑えたい

・保険、車検などの面倒なことは任したい

・運転は基本、近所に行く程度

上記に当てはまっている方は、車を購入されるよりサブスクで車に乗る方がおすすめです!

サブスクのメリットを大きく受けることができるからです。

サブスクで車に乗っている理由で多いのが

・初期費用がかからない

・維持費が低くわかりやすい

・手続きなどが簡単で便利

といった理由で、多くの人がサブスクで車に乗っています。

車のサブスクを選ぶなら「KINTO」

サブスクで車に乗るデメリットをお伝えしてきましたが、

デメリットを把握したうえで、サブスクに向いている方におすすめなのは「KINTO」

いざサブスクで車を利用しようと思っても、サブスク会社もたくさんあってどこを選べばいいか迷う方も多いと思います。

そんな方におすすめしたいのが「KINTO」です!

安さ重視で車の質、サービスが悪いサブスク会社もたくさんありますが、

KINTOを選んでおけば、まず間違いはないです。

KINTO おすすめ理由

・プラン、料金がシンプルで分かりやすい

・トヨタの圧倒的安心、安全

・豊富な車のラインナップ

・プラン、料金がシンプルで分かりやすい

契約プランはこの2つ

①初期費用フリープラン

②解約金フリープラン

KINTOの場合、契約プランとしては上記の2つになるのでシンプルで分かりやすい契約内容になっています。

1つ1つ選んでいく必要がないので、お手軽で簡単にサブスクを始めることができるのでおすすめです。

かつ、これらのプランには任意保険がフルサービスで付いているので個別に保険に入る手間が省けます。

他社のプランでは任意保険が付いていないプランもあるので、比較する際はご注意ください。

逆に他社と価格だけで比較すると、パッと見はかなり安く見えても保険を付けると価格が上がって

結局、相場くらいの価格になるというケースもあります。

価格で比較する際は、価格だけでなくプランの内容もしっかり確認すると損をせずに借りることができます。

・トヨタの圧倒的安心、安全

KINTOはトヨタ系の金融会社が出資しており、トヨタ系列の会社です。

そのため、「サービスの質が悪い」「信用できない」といったことは考えにくいので

安心して車に乗れるという点からKINTOがおすすめです。

極端に安すぎるサブスク会社であれば、せっかく契約したのに借りる車に問題がありトラブルに繋がることも、、、

KINTOならトヨタ系列の会社なので、そういった心配がありません。

音楽や映画などのサブスクのサービスと違い、サブスクで車に乗るということは

自分の命を預ける乗り物を借りて乗るということ。

「安心・安全」

サブスクで車を利用する時には、絶対に外せない要素ということは改めて認識しておくべきです。

どうしても、「1番安くサブスクで車に乗れるところはどこか?」

という観点で探してしまいそうですが、

「安心して安全にサブスクで車に乗れるところはどこか?」

そういった考えを持ってサブスク会社を選ぶ方が、何かあった時に後悔しない選択になります。

なので、KINTOを選ぶ方がトラブルや不安はなく車に乗れて、今より快適な生活を送ることができます。

・豊富な車のラインナップ

KINTOでそれぞれのシチュエーションによって使い分けができる車種のカテゴリーは下記の通りです。

車種カテゴリー

①コンパクト

②セダン、ワゴン

③SUV

④ミニバン

⑤GR、GRSPORT

⑥レクサス

※軽自動車の取り扱いはありません

ライフスタイルによって車を選ぶことが出来るので、自分に合った車を選んでください!

現在は、コロナウイルス感染拡大等に伴う部品供給不足により、想像しているより納期がかかる場合もあるので

もし検討されている方はお早めに申し込む方が安心かと思います。

まとめ

車のサブスクのデメリットについてご紹介しました。

車のサブスク デメリット

・自由に車をカスタマイズできない

・途中で解約できない

・契約のプランが分かりづらい

・プランごとの走行距離制限がある

・最終的に車は自分のものにならない

・審査がある

車のサブスクにはこれらのデメリットがあります。

それらのデメリットを踏まえたうえで、サブスクのメリットを存分に受けられる方は、

「サブスクに向いている」と言えるでしょう。

車のサブスクに向いている方

・期間限定で車に乗りたい

・車を気軽に使いたい

・初期費用を抑えたい

・定期的に新車に乗りたい

・車のメンテナンス、整備などの出費を抑えたい

・保険、車検などの面倒なことは任したい

・運転は基本、近所に行く程度

少しでも当てはまっている方は、車をサブスクで利用してもメリットが大きく受けられるため、

サブスクで車を利用するのがおすすめです!

そこで、サブスクに向いている方におすすめしたいのが「KINTO」です。

CMなどで見たことがある方も多いのではないでしょうか?

KINTO おすすめ理由

・プラン、料金がシンプルで分かりやすい

・トヨタの圧倒的安心、安全

・豊富な車のラインナップ

日常生活を送っていく中で、車を使える方が良いシチュエーションはよくあります。

家族で買い物に行ったり、交通の便が不便な場所に住んでいたり、、、

しかし、車を購入するとなると初期費用がどうしても高額になってしまうので、車に乗るのを諦めたり

使う度に毎回レンタカーを借りるケースが多いです。

そんな方にはサブスクで車を利用するのは有効な手段の1つ!

むしろその方がお得に手間なく車に乗れるケースもあります。

今回はあえてデメリットをご紹介して、サブスクで車を利用する方の不安や、悩みを少しでも解決できればと思っています。

自分のライフスタイルに合わせながら、車に乗ってカーライフを送っていきましょう(^-^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました