碓氷峠を実際走ってみて、イニシャルDの興奮と感動

ドライブおすすめスポット!
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

イニシャルⅮで有名な碓氷峠を走ってきました。

碓氷峠と言えば、真子と沙雪のシルエイティーと藤原拓海のハチロクのバトルが描かれた峠です!

碓氷峠は実際どんな峠なのか?アニメ通りの峠なのか?

実際走って感じたことをお伝えします!

こんな方におすすめ!

・碓氷峠に行ってみたい

・イニシャルDが好きな方

・ドライブ好き

・車好き

碓氷峠の基本情報

位置

所在地: 長野県と群馬県にまたがる峠。

長野県上水内郡信濃町と群馬県吾妻郡草津町の境に位置します。

アクセス

車: 中央自動車道の碓氷軽井沢インターチェンジから約10km。

または関越自動車道の碓氷峠スマートインターチェンジからもアクセス可能です。

標高

碓氷峠の標高は2,172メートルで、日本有数の峠の一つです。

峠の周辺は美しい自然に囲まれ、特に秋の紅葉が美しい季節には多くの観光客が訪れます。

季節ごとの魅力

春: 新緑が美しく、気温も適度で気持ちの良いドライブが楽しめます。

夏: 爽やかな風を感じながら、クルマやバイクでアクティブに峠を駆け上がるのに最適な季節です。

秋: 紅葉が見事で、特に夕焼け時の峠の景色は圧巻です。

冬: 雪景色が広がり、冬季ならではの雄大な風景が楽しめます。冬季の道路状況には注意が必要です。

碓氷峠には、ただ景色を眺めるだけでなくその美しい風景を一層引き立てるような名所が点在しています。

その中でも特に注目されるのが、「めがね橋」

碓氷峠で1番有名といっても過言ではありません。

このめがね橋は、明治25年12月に完成した日本最大のレンガ造りのアーチ橋。

国指定重要文化財にも指定されています。

碓氷峠にあるめがね橋は、峠の中腹にあります。

碓氷トンネルから程近い場所に位置しており、クルマでのアクセスが便利です。

2つのアーチがまるでレトロなメガネのような形状を描き、その風情は訪れる者を引き込む魅力があります。

下から見上げるとかなり高さがあります。

もちろんイニシャルDにも描かれています!

碓氷峠はタイトなコーナー祭り

実際に碓氷峠を走ってみて感じたことは、イニシャルDで描かれていた通りタイトなコーナーの連続!

碓氷峠でバトルとなると、ドリフトからの連続逆ドリフト~!も納得です。

直線と言える直線があまりないので、スピードレンジは低めで楽しめると思います。

ただ、私が訪れた際は台風の直後で路面状況が壊滅的でした、、、

ドライブを楽しむというよりか、どうやって木の枝を避けて走るかみたいなコンディションになってました。

天気が荒れた直後や、台風の後はおすすめしません、、

峠の中腹には休憩できそうなちょい広めの駐車場もありました。

定常円のタイヤ痕が少し残っていましたが、、

碓氷峠周辺のおすすめスポット!

碓氷峠の近くのスポットといえばここしかありません。

「おぎのや 峠の釜めし」

イニシャルDでは池谷先輩と真子が待ち合わせをしていた場所です。

アニメ通りの場所で看板の下には、青いシルエイティー!

横に自分の車を並べて写真も撮れます!

アニメで描かれていたシルエイティーの定常円をするスペースは実際はなさそう、、

釜めしはシンプルでありながら、こだわりの食材がふんだんに使われています。

新鮮な野菜や肉が、釜で炊き上げられることで一層の美味しさが引き立っていてとても美味しかったです!

「おぎのや」の峠の釜めしは、イニシャルD好きならぜひ一度試していただきたい逸品。

碓氷峠への訪れた際は、この絶品釜めしをプラスして、より一層特別な時間を味わってみてください!

まとめ

今回は群馬県にある碓氷峠をご紹介しました。

名物のC121コーナーには通行止めで行けませんでしたので、リベンジしてまたアップします!

他にもイニシャルⅮで描かれていた峠も紹介しています。

イニシャルⅮ好きは読んでみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました